Mac派にもWindowsが必要と思う時の解決法。切り替えをどうする?

apple-computer-desk-devices-326503

こちらのウェブサイトをご覧頂いてわかると思うのですが、Cafewwwは、断然マック派です!

ではあるものの、たまにやっぱり「Windows一台くらいあったほうがいいかな」という場面が何度もあります。

大抵は、役所、会計士さん関連であったり、そういう一般ビジネス関連ピープルとのOfficeファイルのやり取りの中で思います。

Macの標準ソフトでもWindows Office への書き出しや読み込みはできるのですが、細かいことになるとたちまち対応できません。

例えば、提出書類に記入して送り返して下さいというエクセルファイル。

Numbersで開きますが、最新バージョンでつくられた関数が全く読み込めていません。

また、会計士さん指定の会計ソフトはWindows対応のみ。

ワードのファイルは、マックで開くとページレイアウトが崩れている。等など。

Officeを入れるだけで対応できるならよいのですが、会計士さん指定のソフトとなるともうやっぱり、Windowsが必要なんじゃないかと萎えてしまいます。

特に、ホームページを依頼してくださる企業の方は、Windowsが多いですし、提供情報のファイルはもちろんWindows Office。

 

解決策としては

  1. Windowsを買う
  2. Boot Campで切り替える
  3. Windows対応ソフトをいれる

この中で私のおすすめはやっぱり「 3.Windows対応ソフトをいれる」です。

Boot Camp で切り替えができるのになったので、Windows 入れている人もいるかもしれませんが、それだと平行してMacがつかえないのですよ〜。

で、今使っているのは、Parallels。

これは、Macを使いながら、平行してWindowsを立ち上げ使用できる優れもの。

Boot Campの再起動っていう面倒がない!

Macの書類開いたまま、Windowsを別窓で開ける。

今見たら、ソフトのバージョンが15になっていて驚き。

数年前に買ったMacBookProにもいれようかどうしようか迷っています。

8,345円/一台なので、そんなの安くない投資ですよね。

でも、まだサブスクしないうちに入れとくか?って感じですかね。

ご興味ある方は、どうぞ、無料トライアルしてみてください。
Parallels 無料トライアルしてみる

ParallelsがMac標準装備になったらいいのに・・・、ね。

コメントを残す